日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 大手企業による採用試験(1)

大手企業による採用試験(1)

 

oote1.jpg

東証1部上場の大手建設会社のひとつが、今年3月に続いて訪緬。3月は、来日した学生を対象にした面接で合格した5人と転職希望者1名の採用を決めた後の訪緬で、前者に対する在留資格認定証明書を持参。今回は建築設計の担当候補をヤンゴンで選ぶ趣旨での訪緬で、3名程度を採用する計画で来緬。

 1017日に約40名くらいの希望学生に対する面接を実施。先に採用された6名の評価が高いことから追加で採用することを決めたもので、これは15日に面接を行った別の建設会社も同じ。

 写真は面接終了後の学生と、この日行われていた午後の授業に参加していた学生が合流して撮影されたもので、面接後、既に帰宅した学生もいて全員が撮影に参加したわけではない。

※既に内定を得ている学生とか、面接に参加しなかった学生などもいるし、参加した日本人も面接企業とは関係ない人もいる。ポテンシャルが高いことは言い続けられているが、横並び意識も強いため、下手するとみんな似たようなことを言う傾向があり、そこから選抜するのは難しい場合もある。それでも選ばれて行く学生はそれなりのものがある。これだけの学生の中から選ばれるのだから当然と言えば当然かもしれない。