日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 現役学生を短期留学で招待

現役学生を短期留学で招待

 

現役学生を短期留学で招待.JPG

9月30日、現役の大学生2名が来日。協会と(一社)NAPの招待によるとものだが、目的は、日本語学校に1ヶ月間短期留学して日本語の基礎を学び、東京滞在中に日本文化に触れたり、企業などを訪問する等の経験を積むことで、昨年も同趣旨で4人を招いており、今回が2度目。

選抜されたのはミャンマー海事大学の4年生で、1人は港湾土木学科、もう1人は河川沿岸工学科に所属。2人とも初めての海外経験。

成田空港で出迎えた2人を乗せて、60年以上続く駒込の老舗日本語学校の寮に案内して入寮手続きをとり、約1ヶ月間の滞在がスタートしたー※この日は9月23日に来日して就職活動等を行った来日学生10人の送別会がAJMMC事務所で行われており、2人の歓迎会も同時に実施。海事大学の先輩たちを中心に多数の関係者が集まって歓迎してくれた。2人は日本語を勉強した経験がないので、学校では初心者ばかりを集めた午後の部に所属。平日は午前中に協会事務所に来て自習し、ランチを食べた後、学校に戻って勉強し、夕方また事務所に来て夕食を一緒に食べるというスケジュールで行動していた。休日は鎌倉などに案内したが、学校のイベントも結構たくさんあって忙しかった。写真は浅草での様子。日本語学校の教師によると2人はかなり優秀で、クラスでもリーダーシップをとっていたとのこと。1ヶ月後、6Kg太って帰国した。