日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 大手ゼネコンのプレゼンテーション

大手ゼネコンのプレゼンテーション

 

会場の様子2◆.jpg

2019年7月14日午後2時から、セドナホテルのYankin Roomにおいて大手ゼネコンによる企業紹介等のプレゼンテーションが行われ、協会で学ぶ学生約80名が参加。(写真は当日の会場の様子。集合時間前から嵐のような悪天候となり、出席者が大幅に減るのではないかと思われたが、事前の出席予定者はほぼ参加した)。

この日はもっぱら土木分野の紹介に時間が費やされていたが、今回は採用に向けた面接はなく、ミャンマー人エンジニアのレベルの確認が主たる目的とのことだった。しかし、参加者学生の日本語能力には高い評価がなされ、このため当初はプレゼンの後で、質疑応答というか意見交換が予定されていたが、急遽グループ面談が各テーブルごとに行われることになり、タイムリミツトの16時半を少し超過するまで続いた。◆日本語を勉強して半年とか8ヶ月未満が大半を占めた。が、日本語で十分に意思疎通や会話が成り立っており、日本側参加者を驚かせた。面談は初めてという学生も多く、みるからに緊張しているのがわかる学生も多かった