日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 9月の来日プログラム

9月の来日プログラム

9月の来日プログラム.jpg

 3ヶ月に1回の割合で実施されている来日プログラムだが、今年9月で7回目となった。

就職活動やセミナー参加、工場等の訪問といった公式の活動もなされるが、半分は観光とか、伝統文化に直接接する機会などが組まれている。

これに関して、ここ数回、浅草で浴衣や着物を着て境内を練り歩くことが行われているが、最近は10名中、女性参加者が9名だったし、暑い日が続いたことが考慮されたもので、12月など寒い時期の来日では企画されていない。定番となっているのが鎌倉・江の島・浅草などだが各種記念館訪問とかも多い。場所として必ず行くのが秋葉原。面白いものが必ずあるので人気も高い。写真はその秋葉原で撮影されたもの。

就職活動の方だが、来日プログラムで今年に入り1月・3月・6月・9月までの4回で来日した40人のうち39名に内定が出るなど好調だが、内定後のビザ発給には格差が出るから、必ずしも全員が運がいいとは言えない。※ちなみに今回の特徴は、YTUの学部卒業生(1期生)が初めて参加したことと、背が高い学生が増えたこと(8人は背が高く、この点では従来のイメージからすると隔世の感がある)などがある。