日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 第5回来日プログラムを実施

第5回来日プログラムを実施

No5 NAP.jpg2019年3月には今年2度目となる来日プログラムが実施され、ヤンゴンから推薦された10名が来日。10日間に渡って会社訪問・面談・工場等の見学などに参加したほか、鎌倉や江の島、それから都内観光や桜を見ながら隅田川のクルージングと浅草の散策なども行われた。(写真は会社訪問の様子で企業説明等が行われているところ)。

昨年3月に第1回の来日プログラムを実施して、途中で4週間ほど日本語学校に留学する短期留学プログラムを推進したが3ヶ月に1度の割合で選抜された10人ずつを来日させているので合計54人がこのプログラムで来日したことになる。今のところ1人を除いて全員が就職を決めて来日したか、または来日を決めている(※訪問した会社に採用されることが多いが、必ずしもそうではなく、帰国後に別の会社の面接を受けて合格するということも少なくない。来日後10日間滞在し、いろいろな体験を積むので学生たちは面接でもあまり緊張しなくなる)。なお、今回は、前回(1月)に引き続き、全員が訪問先企業から内定をもらっていた。