日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 大手企業による就職フェア

大手企業による就職フェア

日経HR面接.jpg2018年10月下旬、大手人材関連企業の主催により複数の日本企業が参加しての就職フェアが開催され、協会ヤンゴン事務所で日本語を学ぶ理工系の学生70人余りが参加。企業には上場会社も含まれており、熱心に面談が行われた。中には1人で3社から内定(正確には内々定)をもらった男子学生もいたり、盛況だった。即戦力にはならないが適当な研修期間をおけば問題ないという潜在性を評価されOKをもらったり、さらに日本に招待して本社での面接を実施するところも数社あった。来日させて面接するというスタイルは以前はほとんどなかったが、今年に入ってから急に増えた気がする。ヤンゴンには担当者が来て、最終判断は本社で役員面接を経るというもので、学生は面接のためとはいえ短期間来日して、会社のことや日本の事情を垣間見ることができるので、想像の世界でしかなかった日本企業への就職が、現実的なものとして認識されるいい機会となっている。さらに、来日を経験した学生は、その時はダメでも次の機会ではほぼ全員が合格しているから学生にとって仮に不合格となっても無駄にはなっていない。