日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ ヤンゴン歯科大学の学長等来日

ヤンゴン歯科大学の学長等来日

H前野歯学部長(記念品交換).jpg2016年3月16日からヤンゴン歯科大学(University of Dental Medicine, Yangon)のシュエ・トゥ(Dr.Shwe Toe)学長等が招待に応じて来日。17日には日本大学の大塚学長を訪問(同学長は日本大学歯学部長の経歴がある)。ヤンゴン歯科大学の歴史や現状、及び日本との関係などが説明された。シュエ・トゥ学長によると、1995年から東京医科歯科大学との関係が継続しており、同大学大学院に約20名の留学生が存在しているほか、岡山大学にも1人留学中であり、日本以外では韓国との関係が進行中だという。欧米の大学との提携はまだないとのこと。

翌18日は、お茶の水の駿河台にある日本大学歯学部を訪問。当初は都合の調整ができず欠席かもしれないということだった前野歯学部長も出席されたほか、歯学部次長、国際交流担当教授等々幹部勢ぞろいで歓待してもらった(※写真はシュエ・トゥ学長から前野学部長に対して記念品を贈呈しているところ)。今後の交流等に関しても相互に担当者を指名するなど積極的な展開がみられた。会談終了後は、日本大学歯学部付属病院内部を見学させてもらったほか、隣接して現在新築中の7階建て病院のことなどの説明も行われていた。