日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 香川大学前学長一井氏が理事就任

香川大学前学長一井氏が理事就任

一井(顔写真).jpg香川大学の学長等を歴任された一井眞比古氏が、2015年9月11日付けて協会の新理事に就任されました。同氏は、昭和20年3月31日生まれ。大分県出身。昭和45年3月、京都大学大学院農学研究科修士課程修了後、昭和59年農学博士(京都大学)。昭和63年、香川大学農学部教授。平成13年、同大学農学部長。平成17年から平成23年まで香川大学の学長。その後、平成24年から平成27年4月まで、国立大学協会専務理事などを歴任され、現在は、社会福祉法人済生会香川県済生会支部長に就任されています。

専門は、植物育種学・植物遺伝学で、日本育種学会・日本作物学会・根研究会等の学会に所属。ミャンマーは農業国であり、専門分野等での支援活動だけなく、学生・研究者等との交流などの分野での活躍か期待されます。