日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ ヤンゴン外国語大学訪問

ヤンゴン外国語大学訪問

外大.jpg今年に入ってヤンゴ外国語大学を訪問する回数が増えた。インターンシップでの学生等の来日招へいの話もあるが、日経HRが主催するアセアン諸国や中国、インドの学生をターゲットにした就職のための日本企業との面接等に無償招待するというイベントに、昨年からミャンマーも参加しており、その中でもっとも多くの学生が選ばれるのがヤンゴン外国語大学である(※これについては別に報告済)。インターンシップについて言えば、最も多数の学生を受け入れることを表明している企業によると、10人の学生について無償での受け入れ等を行う計画で、今回、これについて学長等との話し合いが行われた。ちなみに、ヤンゴン外国語大学の日本語学科の学生は全体で約280名ほどいるが、ヤンゴン外国大学は早朝とかに社会人にも門戸を開放しており、その参加者を含めると約1,000人余りがここで日本語を勉強している。もっとも、学長等によると、日本語能力検定試験のN1合格者はそれほど多くはないということだった(※ヤンゴンでの今年のN1合格者中、おそらくもっとも高い点数を取って合格したのは、外大生ではなく医科大学の卒業生。読解・聴解が満点。語彙・文法で少し間違っただけという好成績を修めている)。