日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 僧院で学ぶ児童への寄付

僧院で学ぶ児童への寄付

僧院コーエインに寄付.jpg基礎教育小学校の義務教育と授業料の無償化が2008年憲法で認められたが、教科書とか制服・カバン・文房具等々にはお金がかかる。他方、ミャンマーの仏教寺院では国内各地の孤児を集めて子どもの修行僧(コーエン)として面倒を見るという文化があり、6月15日、ヤンゴン市内にあるそのようなお寺のひとつで学ぶ児童に寄付した。毎年、何度か寄付しているお寺で、この日もいきなりの訪問だった。当日はコーエンと呼ばれる子どもの修行僧しかいなかったが、ここに通っている児童等は約200人。いろいろな勉強をしているが、なかには日本語の授業もあった。この日、来緬した日本人5人と一緒だったが、文房具などを寄付してもらったほか、お菓子類なども併せてプレゼントすることができた。、