日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム コラム 介護セミナーとデイケアセンター

介護セミナーとデイケアセンター

   有名な女医.jpgミャンマーが民政に移管してまだ間もない2011年4月初め、ヤンゴン在住の医師や看護師等を対象に、弊協会のサポートで、高齢者介護に関するセミナーを日本企業が主催した。イベント開催前は、ミャンマーでは介護を必要とする高齢者の割合が少なく、要介護者に対しては家族や親戚、近隣の人たちによるケアが一般で、まだ介護のことについての関心は低いだろうとみんなが考えていた。

 しかし、ミャンマーはこの時、既に高齢者ケアに対するプロジェクトを推進中であり、そのプロジェクトマネージャーがインセイン総合病院の教授であり、セミナーにも参加してもらった。同教授の話では、60歳以上の人口は漸増していて今は人口の8%?9%に達しており、大都市ヤンゴンなどはこれまでのように家族を中心にした伝統的なケア・システムが難くなる状況が出始めているという話だった。また、既に2003年頃からHelpAge Internationalなどがこの分野で活動しており、韓国なども数年前から支援等を行っていると聞いた。前者は2012年にはミャンマーの高齢者問題を扱ったThe Situation of Older Persons in Myanmarという100頁を超えるリポートも出している。

 参加者1.jpg もっとも介護に焦点を当てたセミナーはほとんど経験がないらしく関心をもった医師や看護大学の講師、その他と何らか高齢者問題に関係する100人ほどが参加してくれた。そのなかには今年6月に91歳で亡くなったDr.Myin Myin Khinもいた(※上写真手前)。取材のため地元メディアが何社か来ていたが、女性記者の1人の質問に「もっと勉強してから来なさい」と2度ほど言われたにも拘わらず、さらに質問を続けたため大声で記者を怒り、周囲をびっくりさせていた。この時88歳。出席していた多くの医師全員が挨拶に向かっていたのでどういう人だろうと思っていた。 

  ところで2013年にヤンゴン市内にDay Care Centerが開設されている。2012年2月にはミャンマー医学協会が引退した医師等を対象にして、Day Care Centerを開設すると発表していたがこの施設がそうかどうかは忘れていたため確認していない。訪問した施設はKaba Aye Pagoda 通りとParami通りが交差するあたりにあり、社会福祉等省が所管していると責任者は話していた。

デイケアセンター2.jpg

現在57名が利用していて、家族が朝連れて来て夕方にはまた迎えにくる。食事は3度出されるがそれを含めて施設の利用は全て無料(なお、提供される食事は3食で1人1500Kyatsの予算)。伝統医薬の専門家や内科医も常駐していて、歯科クリニックや理容・美容室まである。カラオケ・絵画教室・仮眠室・ゲーム室・仏教施設等々が存在している。全て無料ということだったがどうやって利用者を選んでいるのかは聞きそびれてしまった。(※写真は応対に呼ばれた4人の施設利用者。左端の男性は日本語の通訳も担当していたこともあるといい、日本語で少し話して

デイケアセンター1.jpg

くれた)。現地メディアのWeekly    Eleven誌によると高齢者用施設はそれまで国内に44か所しかなかったが2009年には66個所に増加したものの、2000人あまりしか利用できていないという。当時高齢者ケアプロジェクトの責任者の1人だったProf.Dr.Myint Hanは「以前と違い家族のライフスタイルが多くの点で変化した。若者と中年の家族は外に仕事を抱えていることが多く、高齢の家族を家においておくという状況が増えた。このためミャンマーでも在宅での高齢者ケアを考慮せざるを得ない状況が生まれている。先進国では高齢者福祉施設が存在するがミャンマーでは伝統的に家族メンバーからのケアを受けるというのが一般であり、まだこの問題は緒についたばかりだ」と語った。なお、2011年5月のWeekly Eleven誌に掲載されたところによると、高齢者問題で国内で活動している団体には以下のようなものがある。

HelpAge International, MyanmarYMCA, Global Vision, Cantas Thiland, Myanmar Red Cross Society,Myanmae Women's Affairs Fedeartion, Myanmar Maternal and Child Welfare Asociation, orld Vision (Myanmar)など。また、韓国のROK-ASEAN Co-operation Fund がこれらの団体による在宅ケア等の活動を支援していると報じている。