日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ 追悼ボボ・アウン

追悼ボボ・アウン

BOBo san.JPG協会が活動を本格化した2000年7月から2006年6月頃まで、私どもと共にに活動したり、時にはサポートに回ってくれたボボ・アウン(BOBO AUNG)氏が、マンダレー近郊のDaDa Uで交通事故に巻き込まれてしまい突然の死を迎えることになりました。日本には10年以上滞在してしましたので多くの関係者がおられると思います。

同氏はヤンゴン工科大学に入学後、将来を嘱望されていましたが、大学の閉鎖に伴い1991年に来日。日本語学校卒業後、コンピュータ専門学校も卒業。その後、日本大学生産工学部に学部入学を果たし、1998年4月からは同大学の大学院生産工学研究科に進学。2000年3月に修士号を得て卒業しました。自身の専門分野だけではなく経済や文化に亘る日本語で書かれた専門書を読みこなすほか、ピアノを弾き、スポーツも万能で、多方面にその才能を発揮していました。造船に関与するようになってからも国産のFRP船舶を世界で初めて国際ボートショーに出品・展示するのに最大の貢献がありました。2006年6月からは独自の途を模索して各方面で活躍していたことを聞いています。日本との民間レベルでの交流促進にかけがえのない人材を不慮の事故で失うことになり残念です。ここに謹んで哀悼の意を表しますと共に、心からのご冥福をお祈りします。