日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム お知らせ ウラミン前大使ヤンゴン市長に就任

ウラミン前大使ヤンゴン市長に就任

昨年12月27日に任期を終えて帰任したウ・ラ・ミン(U Hla Myint)前大使だが、帰国後、ヤンゴン市長に就任(4月6日付けで正式に公表)。別途、ヤンゴン地域政府閣僚であるMinistry of Development Affairs の大臣にも就任した(こちらは3月30日に公表されている。同省は、旧YCDC(Yangon City Development Commiitee)の事務の多くを引き継いだもの)。帰国前は、「まだどうなるか判らないが、多分、公職を引退するか政党の仕事をすることになるかも知れない」と話されていたが、本人自身も驚いた(3月27日談)という人事になった。ちなみに選任は、ヤンゴン地方政府のChief of Ministers ではなく、Thein Sein大統領によってなされている(地方政府の閣僚等も大統領名義で発表されている)。