日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム 関係者活動報告 造船技術移転

造船技術移転

 ミャンマー海事大学が設立された2002年から約4年間、日本から技術者が訪緬してFRPを使用した小型船舶製造の指導等が行われた。もともと1人の技術者が 20FのFRPボートを製造したことをきっかけに、協会関係者が資金を出して技術移転と事業化を支援することになったものだが、2004年には東京国際ポートショーに出展するまでになった。ミャンマーの工業製品が国際市場に出展するという機会はほとんどないのでこれは画期的なことだったが、ミャンマーの技術者の潜在的能力の高さも証明している。展示会ではコンセプトがよかったこともあって来場者の評価もよく、来賓としてミャンマーの関係者及び当時の駐日ミャンマー大使なども駆けつけてくれていた。
 なお、主要な技術移転が終わったこと、その他諸般の事情で、協会としては現在本事業には関与していない。

zo-01.jpg  zo-02.jpg  zo-03.jpg
zo-04.jpg  zo-05.jpg  zo-06.jpg
zo-07.jpg  zo-08.jpg  zo-09.jpg
zo-10.jpg  zo-11.jpg  zo-12.jpg
zo-13.jpg  zo-14.jpg  zo-15.jpg
zo-16.jpg  zo-17.jpg  zo-18.jpg
zo-19.jpg  zo-20.jpg  zo-21.jpg
zo-22.jpg  zo-23.jpg  zo-24.jpg
問い合わせ等はこちらの投稿フォームをご利用ください。