日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム 関係者活動報告 学術支援活動

学術支援活動

 2001年8月に、協会としては初めて石井理事長ほか関係者30人あまりで訪緬したが、その際にヤンゴン工科大学などを訪問する機会があり、それ以来、学術面での支援活動は続いている。
 これまで多数の関係者が訪緬して特別講義やセミナーなどを行ったほか、学生たちとの調査や共同研究といったことにも関与している。これまでに関係した機関等は、ヤンゴン工科大学・ミャンマー海事大学・ミャンマー航空宇宙工科大学・ミャンマーエンジニアリング協会、保健省、農業灌漑省その他と多い。
 また研究員や留学生、短期研修などの受け入れについても関係者が支援しているが、2006年には12ヶ国から400人以上がヤンゴンに集結して5日間セッションなどを行う国際会議を支援。日本からも80名以上が参加するなどの成果があった。

g-04.jpg  g-01.jpg  g-02.jpg g-03.jpg  g-05.jpg  g-06.jpgg-07.jpg  g-08.jpg  g-09.jpg
g-10.jpg  g-11.jpg  g-12.jpg

p-01.jpg  p-02.jpg  p-03.jpg
p-04.jpg  p-05.jpg  p-06.jpg
p-07.jpg  p-08.jpg  p-09.jpg
問い合わせ等はこちらの投稿フォームをご利用ください。