日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム 関係者活動報告 眼科医療支援

眼科医療支援

 1999 年から徳島の藤田善史先生(協会理事)をリーダーに毎年行われているもので、多くの眼科医や関係者が参加して行われている。中心となっているのは失明原因の60%を超える白内障治療支援で、藤田先生が初めてミャンマーに超音波乳化吸引装置を使用した手術方法を紹介。支援活動は、実際の施術のほか、眼科手術学会の開催、若手眼科医育成及び医療品等の寄付からなる。最近はアウトリーチプログラムにも参加するようになり、19回目となる2009年5月訪緬時には、これまでの藤田先生の貢献に対し保健省大臣から、マンダレー医科大学眼科名誉教授号が授与された。

f-01.jpg  f-02.jpg  f-03.jpg
f-04.jpg  f-05.jpg  f-06.jpgf-07.jpg  f-08.jpg  f-09.jpg
f-10.jpg  f-11.jpg  f-12.jpg
f-13.jpg  f-14.jpg  f-15.jpg
f-16.jpg  f-17.jpg  f-18.jpg
f-19.jpg  f-20.jpg  f-21.jpg
f-22.jpg  f-23.jpg  f-24.jpg
詳しくは、藤田眼科のホームページをご覧下さい。