日本ミャンマー交流協会 AJMMC:

ホーム 関係者活動報告 海藻養殖支援

海藻養殖支援

 協会技術顧問の大野正夫先生が、試験栽培のためミャンマーに初めてキリンサイを持ち込んだのは、2004年10月。その後、2006年10月から大野先生を中心に協会関係者で養殖事業を支援することになった。タニンダリー管区メェイ(Myeik)港から漁船で片道約8時間から10時間ほどかかるアンダマン海の島で指導が行われたが、大野先生をはじめとする関係者の尽力で、その後、この海域で同事業は拡大しつつある。

k-01.jpg  k-02.jpg  k-03.jpg
k-04.jpg  k-05.jpg  k-06.jpg
k-07.jpg  k-08.jpg  k-09.jpg
k-10.jpg  k-11.jpg  k-12.jpg
k-13.jpg  k-14.jpg  k-15.jpg
k-16.jpg  k-17.jpg  k-18.jpg
k-19.jpg  k-20.jpg  k-21.jpg
問い合わせ等はこちらの投稿フォームをご利用ください。